はみんぐばーどのサノフラワーのある暮らし♪

本職はナース。2014年6月、サノフラワー認定講師資格合格しました。只今、トロッケンクランツ認定講師取得を目指してます。

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


海外でタクシーに乗るということ。

08月22日(水)18時47分
先日、ルーマニアで女子学生が殺害された事件。
本当に、心が痛みます。
ご冥福をお祈りします。

私は、長期海外渡航経験ありますが、
11年前、ふと思いついたカナダでのホームステイ。
なんの語学力もなく、本当の片言の英会話で、カナダに1人で行きました。
当時、プリンスエドワード島に行くには、何回か乗換があって(今もありますけど)、
えっ!?乗換1人でできるのかな?と不安はMAXでした。
トロントに21時過ぎに到着、そこからはタクシーで移動し、ホテルに1泊し、
翌日ホテルからシャトルバスで空港に行き、現地までの飛行機に乗るという日程。

トロントにはタクシー乗り場があって、そこでタクシーをひろうのですが、
それが!!!皆いかにも怪しい・・・運転手さんがなぜか全員、カレー屋さんにいそうなインド人風。
頭に白い巻物が!!!ということで、選びようもなく、1人の運転手さんに声をかけ、
「どこどこホテルに行きたいのだが、いくらですか?(もちろん英語で)」と。
だいだいの相場の値段だったので、そのタクシーに乗り、無事ホテルへ到着、チップと料金を払いました。

確かに、海外の夜は妙にネオンが多く、土地勘なんてないので、ちゃんと目的地に行ってるかなんかなんて
全くチンプンカンプン。結構、ドキドキでした。

今思えば、ちょっとお金払っても、空港と直結したホテルもあったので、なんでビジネスホテル級のホテルにしたんだか・・・

そのホテルでは、翌日のシャトルバスの時間を確認し、ホテルのレストランで夕食(夜食?)をとり、
翌朝はドリンク・パンの朝食をいただき、無事にシャトルバスに乗りました。

全て1人でこの工程をこなした私。しかも初カナダで。今はそんな勇気はあるのかないのか。

ということを、
今回の事件を見て、思い出しちゃいました。

日本がいかに安全かということを実感しました。


<<前のページTOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

まとめ

プロフィール

はみんぐばーど

Author:はみんぐばーど
広島県生まれ、山口県育ち。
今は、愛知県あま市在住。
2001年ホームステイ、2002年の1年間をワーホリでカナダ滞在してから、カナダ好きに。
第2の故郷はカナダ・プリンスエドワード島(赤毛のアンの物語の島)。

B型の私とB型の旦那の2人暮らし。

2013年4月になんちゃってアーリーアメリカンな新居に暮らしはじめて、お花、特に多肉植物を育てています。

2014年6月にサノフラワー認定講師資格合格。

2014年12月~トロッケンクランツのレッスン開始。認定講師資格取得に向かって頑張ってます♪

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。