はみんぐばーどのサノフラワーのある暮らし♪

本職はナース。2014年6月、サノフラワー認定講師資格合格しました。只今、トロッケンクランツ認定講師取得を目指してます。

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


臨場・・・・

07月07日(土)17時48分
今日は、全くハンドメイドとは関係ないネタ。
ただ、私自身がモヤモヤしててすっきりせずにきてるので、
皆さんに聞いてもらいたいだけ。

私は、今の賃貸の(新築だった)アパートに引っ越してきて、7年半になります。
その時から、一緒だったYさん兄妹(おそらく、50-60才代)が斜め下の階に住んでいます。

おじさん(兄)とは、よく会うたびに話していて、おじさんの仕事関係で余ったキャベツ、バナナ、
いちごなどを持ってきてくれていました。

おばさん(妹)は、おそらく精神疾患があって、調子が悪いと、同じアパートの住人のポストに
古い雑誌や新聞を入れてきたり、古着を持ってきたり、夜中にピンポーンしてきたり、
ちょっと迷惑してました。私は、そのおばさんのせいだと分かっていたので、
入れてきたら、そのまま兄妹宅の玄関先にお返しに行き、でもまた入っていたり・・・
おじさんにはよくおばさんの不審行動を話してて、
おじさんからは「申し訳ない、私も困っていてね・・・」と。
だから、おじさんの手前、見過ごしてきました。

6月に入ってから、おばさんのピンポーン攻撃が激しくなり、
特に深夜帯、怖くて怖くてね。
ある日なんか、夜3時ごろにピンポーンが20回くらい鳴り、TVモニターにはおばさんの怪しい顔が映ってる。で、5時ごろにピンポーン。
旦那が聞いた話だと、おじさんは今入院してて、おばさん1人らしく。
あまりにもひどいので、賃貸会社に連絡。
その時の返事は、担当者が今不在なので来週動きます・・・とのこと。
結局、賃貸会社からは返事なく、日々過ぎていき、
おばさんのピンポーンは、その後インターホーンの音量を下げて、対策したげど、
2日間続いただけで、もうおばさんの気配はしなくなった。

が!
おばさん宅の新聞受けに新聞が溜まってて、気になると旦那。
そんなこと聞いたら気になる私。
しまいには、新聞屋さんが用意した大きな紙袋に新聞がまとめて入るようになり、
1日3回は私が気になって見に行ってしまう始末。
ベランダのシャッターは降りているし、
おばさんの行方はどうなってるのだか!????

そしたら、先日、昼帰宅したら、私のアパート前に警察の車が停まっていて・・・

向かいの工場のお兄さんに聞いたら、
「Yさん(おばさん)自宅で亡くなってたらしいよ・・・」

大家さんからは、
兄の方は、クモ膜下出血で再起不能らしい。
近所中にピンポーンしまくってたらしい。

役場の人からは、
新聞は一時休刊の電話してて、最近復活したらしい。

私達は、警察や役場の人に、6月のピンポーン事件のことを話した。

そして、おばさんはシルバーのシートに包まれて、運ばれていった。
おばさんの死因は、情報なく。噂で、4・5日だと。

そんなことがあってから、私達夫婦はモヤモヤ。
旦那は「もうここには住めないな・・・」と、最近1軒屋のチラシ見て、見に行ったりしてる。

私達は、「助けてあげれたんだろうか・・・」とモヤモヤ。
でも、深夜帯のピンポーンはさすがに怖くて出れないですよね???


<<前のページTOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

まとめ

プロフィール

はみんぐばーど

Author:はみんぐばーど
広島県生まれ、山口県育ち。
今は、愛知県あま市在住。
2001年ホームステイ、2002年の1年間をワーホリでカナダ滞在してから、カナダ好きに。
第2の故郷はカナダ・プリンスエドワード島(赤毛のアンの物語の島)。

B型の私とB型の旦那の2人暮らし。

2013年4月になんちゃってアーリーアメリカンな新居に暮らしはじめて、お花、特に多肉植物を育てています。

2014年6月にサノフラワー認定講師資格合格。

2014年12月~トロッケンクランツのレッスン開始。認定講師資格取得に向かって頑張ってます♪

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。